姫路 星の子館 | 小さな子ども連れが楽しむための施設攻略ガイド

星の子館スポット
スポンサーリンク

「星の子館」って姫路市民なら一度は耳にしたり、訪れた事はあるのではないでしょうか。保育園の行事や休日家族でおとづれた事のある方々も多いはず。

そんな「星の子館」について、まだ訪れた事のない方々やあまり行った事のない方々のために詳しく説明していきたいと思います。ご覧いただくと少しでも疑問が解決できるかと思います。

スポンサーリンク

宿泊型児童館「星の子館」

星の子館正面

「星の子館」は兵庫県姫路市青山1470-24に位置しており、周囲は山に囲まれた自然豊かな場所です。

平日は満車になる事はあまりないのですが、休日や大型連休ともなれば満車覚悟で行くしかないです。駐車場の大きさも広くはないので駐車する際は注意して駐車してください。

星の子館駐車場

「星の子館」の目の前の駐車場は約30台ほど止めることができますが、満車になった場合、臨時注射樹として「桜山公園駐車場」まで案内されます。場所は兵庫県姫路市青山6丁目42−12ですが「星の子館」まで少し離れているので、小さなお子様連れのご家族はベビーカーなどあれば楽だと思います。

B1:「星の子館」への入口は2ヶ所ある

「星の子館」の入口はB1と2Fに2ヶ所あります。迷う方もいらっしゃいますので頭に入れておきましょう。

星の子館B1

上の写真は、B1の入口で駐車場からそのままこの入口を通り、エレベーターで2Fの総合案内に行くことができます。

小さなお子様連れの方やベビーカーの方はB1からエレベーターで上がってくださいね。ただし!混雑時のエレベーターはなかなか来ませんのでご注意ください。

星の子館2F階段

上の写真は、駐車場から階段使い2Fに上がり、2Fの入口となっておりますので、そのまま総合案内に行くことができます。

星の子館2Fスロープ

また階段ではなくて上の写真のように、長いスロープからも2Fの入口に行くことができます。こちらは、スロープの坂道をベビーカーでも押して上がる事はできます。

1F:お昼時には「キラキラレストラン」へ

キラキラレストラン

「星の子館」の1Fには、「キラキラレストラン」があります。レストラン自体はそこそこ広いですので、ベビーカーなども安心して利用することができます。というより、ほとんどのお客様が小さいお子様の方々ですのでご安心ください。

キラキラレストランメニュー1

「キラキラレストラン」のメニューは種類が様々あって、お子様メニューをはじめ、カレー・ラーメン・うどん・ごはんものと種類が豊富です。またこだわりの食材の「佐用ポーク」なども使用しており普通に美味しいですよ。

キラキラレストランメニュー2

入口に食券がありますのでそちらから買って注文すれば大丈夫です。店員さんもとても丁寧でいい雰囲気で周りも小さなお子様連れ家族で少し賑やかです。

お子様メニュー

お子様メニューは、低アレルゲンメニューになっており細やかな配慮がされております。アレルギーが気になるお子様は、しっかりと確認してから頼むようにしてください。最終的なメニューの注文は判断はお客様本人次第です。

2F:「星の子館」の中心「総合案内(フロント)」

総合案内

総合案内では宿泊されるお客様のチェックインやおもちゃの貸し出し、イベントや館内の案内などが必要な場合は行きましょう。感じのいい受付係の方が親切に案内してくれると思います。

貸し出し物

また総合案内の周辺には、「星の子館」のイベント情報やグッズ販売、親子でご利用可能な「親子トイレ」、ベビーカーの貸し出しなどもありますので色々見てみると面白いですよ。けん玉検定なるものもありますし、4Fのプレイルームにある卓球のラケットの貸し出しも総合案内で行なっております。

星の子館イベント

エレベーターは必ず一旦2Fに止まるようになっており、まずは立ち寄ってみましょう。

そして、「総合案内」の他にも2Fの入口から外に出て階段を上がると、ベンチやすべり台などの遊具もあります。そちらでも子供を遊ばせることができますので行ってみてはいかがでしょうか。

すべり台
外の遊具

3F:「星の子館」に泊まれること知ってましたか

宿泊室

「星の子館」は遊ぶところだけではなく、泊まることもできます。宿泊室は1F・3F・4Fとあり、部屋の内装は和室でとてもシンプルですが、隅々まで清掃されておりとても綺麗で布団もフカフカで気持ちいいです。

窓からは自然の風景がみることができ、運がよければ部屋から野生の鹿などもみることができると思います。

以下で「星の子館」の宿泊料金等の詳細情報を説明します。

宿泊料金(お一人様1泊分)

<児童>
18歳未満の方と
ご一緒の場合
(食事別)
大人4,600円
中学生〜高校生3,300円
3歳〜小学生2,500円
3歳未満の幼児無料
<大人の方のみ>
(食事別)
1室を1人で利用5,500円
1室を2人で利用5,000円
1室を3人で利用4,800円
1室を4人以上で利用4,600円

各種割引

障害のある方又は65歳以上の方1人 500円引き
15人以上の団体1人 300円引き
学校や児童福祉施設の行事利用1人 3割引き

キャンセル料金

2日前まで無料
前日宿泊料金の50%
当日宿泊料金の80%

4F:小さな子供連れの方はここで遊ぶべし

4Fのエレベータをおりて左側に進んでいくと、トレーニングルームとプレイルームがあります。また4Fにトイレもあります。

トレーニングルーム

「トレーニングルーム」の卓球をご利用される方は、2F総合案内でまずラケットと利用時間を聞いてから利用してください。

プレイルーム

そして「プレイルーム」では、小さな子どもが大はしゃぎするであろうおもちゃがたくさんあります。ボールプール、すべり台、積み木、おままごとセットなどたくさんのおもちゃがありますので思いっきり楽しませてあげてください。

その「プレイルーム」なのですが、休日や大型連休などは多くの人でいっぱいになるほど人気がありますので、夕方ぐらいが比較的空いていて狙い目かなと思います。

星の子館トイレ

また「星の子館」には、B1・1F・2F・4Fとトイレがありますが、とても綺麗で清潔感があり気持ちよくご利用できると思います。便座に取り付ける子供用のトイレもありますので安心してください。本当に綺麗です。

高層棟で「天体観望会」

「星の子館」は低層棟と高層棟に分かれており、先ほどまで説明してきたのが「低層棟」で、この「天体観望会」があるのは「高層棟」の方です。

どくしょルーム

「高層棟」は小さな子供たちがワイワイ遊べる4Fのプレイルーム、6Fのどくしょルーム、天体観望会が行われる7Fからなっており、この「高層棟」にいくのには、低層棟の4Fのプレイルーム奥の扉を開けると、そこが「高層棟」です。

天体観望会

「天体観望会」とはなんぞや!と申しますと、「星の子館」が誇る巨大な天体望遠鏡を使用して、星を観察すると言ったものです。雨の日でも止まらなくても利用可能なので言ってみる価値はあると思います。

この「天体観望会」を利用するのには、知っておいたほうがいいことがあります。以下でまとめました。

  • 開催日は休館日以外の毎日
  • 19時と20時の1日2回行われる
  • 宿泊者以外は1週間前からの要予約が必要
  • 費用は無料

「星の子館」の詳細情報

名前姫路市宿泊型児童館「星の子館」
住所兵庫県姫路市青山1470-24
営業時間(館内施設利用)9:00〜17:00(宿泊者は21時まで)
定休日8月と12月を覗く毎月第二水曜日と年末年始(12月28日〜1月4日)
公式ホームページ姫路市宿泊型児童館 星の子館
電話番号079-267-3050
子ども連れ子ども連れ専用の施設であるため安心して訪れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました